土地の売買をしたいので測量をしたい。

質問.

相続対策で土地を売買したいのですが、何から始めればいいですか?

回答.

「どこからどこまでが自分の所有している土地かが分からない・・・」
「先代からの土地になるので詳しいことが分からない・・・」

このようなお悩みはありませんか?このような土地売買に関してのご相談は近年増えてきています。

お隣さんとの境界線や、公共の道路や土地と隣接している場合には、揉めることなく、双方納得した形で測量を行い、正しい面積で売買を行いたいですよね。

まずは、土地境界確定測量を

土地売却の際に行う用地(土地)の測量とは、「土地境界確定測量」といい、土地と土地の境界を調査・測量・確認を行い、実際の土地の面積を把握し、確定測量図(実測図・求積図)を作成する作業のことを言います。

以前は、登記簿に記載されている面積(公募面積)で互いに了承して土地売買取引が行われていましたが、近年は土地の測量をし、境界を確定した上での取引がほとんどです。

近隣とのトラブルがあると境界確定が終わらず、結果的に土地の売却もできなくなる可能性があります。

正しく測量して円満な相続を

更に、土地の売買をする場合、その土地の面積(地積)に誤りがあれば、売買代金が変わってしまうことがあります。また、相続時に土地が含まれている場合には、公平に算定する為には正確な土地の面積が分からなければできません。

このような場合には土地の測量を行い、正しい面積を算出します。境界標を調査し、隣接土地所有者との境界確認などを行います。ただ、現況を測量するだけではなく、隣接土地所有者と双方が確認して正しい面積を正確に把握する事が必要不可欠です。

測量の事でお困りの場合は、測量のプロフェッショナルであり、専門知識を多く有する我々、土地家屋調査士にまずご相談ください。