相続による分筆を考えていますが、土地の分筆登記の流れについて教えて下さい。

質問.

相続による分筆を考えていますが、土地の分筆登記の流れについて教えて下さい。

回答.

分筆登記は、「相続による分筆」「土地の一部を売却したい」「ご兄弟に分けたい」など様々な場面で生じてくると思われます。

① 土地の境界確定測量を行います。

まず、「土地の境界確定測量」を行います。

>>「土地の境界確定測量の流れ」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

道路の確定、民有地の隣地の方の確認など、ご自身の土地周り全ての境界確定測量を行う必要があります。

② 現地で分割ラインへ境界標の設置

確定測量が終わった後、分筆ラインの検討を行います。ただ分けるだけでなく、その後の建築についても踏まえて、分け方を考えた方が良いと思います。
検討が終わった後、現地へ向かい、分割ラインへ境界標の設置を行います。

③ 申請書、地積測量図作成

境界標の設置後、「申請書」「地積測量図」の作成を行います。

④ 委任状を頂きます

ご相談いただいた土地所有者の方には、委任状を提出していただきます。

⑤ 登記申請

これらの書類が揃い次第、登記の申請を行います。
現在は、登記の申請もオンラインで行える時代になっています。また、測量図に関しても、紙ではなく、電子データで申請が行えるようになっております。

⑥ 分筆登記完了、証明書発行

登記の申請が終わり、1週間~10日間で分筆の登記は完了します。
ですが、「現地の調査を法務局の登記官が行いたい」「一部、認知の確認が得られていない」などといった様々なケースがございますので、登記完了の日付は目安にしていただけたらと思います。
最後に、法務局から証明書が発行されます。
皆様の土地に、地積測量図が備え付けられ、それが国に備え付けられますので、安心です。

「測量や登記でお困りの際は測量や登記の専門家集団である土地家屋調査士法人えんへ」

まずは面談予約をお願いいたします。(0120-107-579)
その他疑問点等お気軽にお問い合わせください。
測量や登記の専門家が丁寧にお答えさせていただきます。