土地の売却を考えていますが、土地の境界確定測量の流れについて教えて下さい。

質問.

土地の売却を考えていますが、土地の境界確定測量の流れについて教えて下さい。

回答.

私たちに境界確定測量のご依頼をいただいた後の流れを説明いたします。

① 法務局の調査、役所調査(市役所、区役所)

法務局には、「謄本」「構図」「測量図」などの資料があり、役所には、「道路の資料」「区画整理の図面」があります。
それらの資料収集が終わった後、1つのファイルにまとめて、現地の測量へ行きます。

② 現地で測量

境界の杭(隣地の方との境となる点)に、杭が埋まっていないかどうか。
現地のブロック塀などの構造物をしっかりと測量して押さえます。

③ 事務所に戻って計算

測量ソフトを用いて、復元作業に入ります。
法務局や役所から収集した資料と照らし合わせ、境界がどこにあるのか検討いたします。
また、事前に、近隣の方へ「何か資料をお持ちでいないか」や「ご所有者様に、確定の際に何か取り交わした書面はないかどうか」といった聞き取りを行い、全ての資料に基づき、計算をいたします。

④ 現地にポイントを表示し、立会い

計算が終わった後、再度現地に戻り、境界と思われるポイントに表示を照らします。その後、隣地の方と境界の立会いを行い、確認します。

⑤ 境界標埋設

境界の確認後、境界標(コンクリートの杭や金属標など)を皆様の目に見えるように、境界の杭を設置します。

⑥ 境界確認書の取り交わし、役所の証明書

境界確認書の取り交わしを行い、道路については役所の照明書を取得いたします。

⑦ 境界の確定

上記の取り交わしや、役所の照明書などが全て出揃いますと、初めて境界の確定が完了いたします。