境界立会いについてトラブルが起きた場合の対応について教えてください。

 

質問.

境界立会いについてトラブルが起きた場合、どのように行動すれば良いか教えてください。

回答.

私たちに境界確定測量のご依頼をいただいた後の流れを説明いたします。

① トラブルになっている原因を探る

トラブルの要因は、主に、「境界の認識相違・立会拒否」「消息不明」「相隣関係」などがあります。

境界の認識相違・立会拒否のトラブル…そもそも立ち会いに来てくれないなど
→ 筆界特定制度やADR(和解・調停の制度)、訴訟に発展していく可能性もあるため注意が必要です。

消息不明のトラブル…空き家が続いてつかまらないなど
→ 職務上請求を使用し、ご家族やご兄弟を見つけます。

相隣関係のトラブル…ごみの出し方や騒音など
→ 隣地の言い分を聞いて、何に不満があるのかをヒアリングし、解決していきます。

② 隣地の方の言い訳を良く聞きましょう

境界の杭(隣地の方との境となる点)に、杭が埋まっていないかどうか。
現地のブロック塀などの構造物をしっかりと測量して押さえます。

③ 資料があるなら、出してもらいましょう

境界を確認した際の資料があれば、証拠となりますので、すぐに提出するようにしましょう。

④ 事前に挨拶をしましょう

最も大切なことが事前に挨拶を行うことです。
隣地の方に挨拶をして、立会に臨むことをオススメいたします。

当事務所では、挨拶する際に、「タオル」や「ボールペン」等の粗品をお渡ししております。
このような心遣いもトラブルを防ぐ要因となりますので、ぜひご活用ください。

「測量や登記でお困りの際は測量や登記の専門家集団である土地家屋調査士法人えんへ」

料金に関するよくある事例はこちら

こんな時に測量が必要です