土地家屋調査士って何?

土地家屋調査士は“土地”や“建物”のスペシャリスト

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)という言葉はあまり馴染みがないため、一体どこで何をする仕事なの?という疑問をお持ちになる方も多くいらっしゃることかと思います。

土地家屋調査士は「土地や建物のスペシャリスト」です。土地や建物がどこにあり、どのような形状をしていて、どのように利用されているか等々、不動産に関することを調査・測量し、図面を作成したり登記手続きの代理を行う専門家なのです。

土地家屋調査士の具体的な仕事内容は

土地家屋調査士が土地や建物のスペシャリストであることはお分かりいただけたかと思います。しかし、実際にはどのような仕事をしているのかがいまいちお分かりになられていないことかと思います。ここでは簡単に土地家屋調査士の仕事内容を紹介します。

① 土地や建物の調査と測量と調査を行います!

土地家屋調査士は、不動産の状況を正確に登記記録に反映させるために必要な調査や測量を行います。

例えば、土地の登記に関するものであれば、まずは登記所にある地図や地積測量図等の資料の確認、そして現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て筆界を確認・調査し、その成果に基づき測量を行います。

② 不動産の表示に関する登記に必要な申請手続きを代理します!

不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられているものの、その手続きは非常に複雑で一般の方には理解が難しい事が多々あります。

土地家屋調査士は、そのような不動産所有者である依頼人の方の依頼に応じて、不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。「登記しなければならないんだけど、どうすればいいのかわからない」という方は是非一度状況を教えていただければと思います。

③ 不動産の表示に関する登記の審査請求の手続きを代理します!

審査請求とは、不動産の表示に関する登記に関する処分が不当であるとする方が、法務局・地方法務局の長に対して行う不服申立てのことを指します。しかしこの手続きも非常に複雑であるため、もし何か登記に関して疑問や違和感を感じた場合は一度土地家屋調査士にご相談していただければと思います。

④ 筆界を特定する手続きを代理します!

筆界とは“表題登記されている公法上の境界”のことを指します。

筆界特定の手続とは、土地の所有者の申請により、外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する手続を指します。公法上の境界を定める重要な手続きとなりますので、もし何かご不明点・不安点がありましたらすぐにご相談ください。

⑤ 土地に関するトラブルにも対応します!

土地や建物をめぐるトラブルは多々あります。中でも隣接者とのトラブルや納税・節税のトラブル、他にも遺産・相続に関するトラブルは多く見受けられます。

土地家屋調査士は登記・測量を通じて、解決方法の提案をさせていただくことはできますが、合意協議のの立会いや和解などを代理することはできません。あくまでも土地家屋調査士の業務を通じて、解決方法の提案を行うことができます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒司法書士や弁護士との違いとは?

この業務については、民間紛争解決手続代理関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)に限り、弁護士との共同受任を条件として、行うことができます。
⇒ADR(民間紛争解決手続代理関係業務)についてはこちら

土地家屋調査士が必要になるときっていつ?

土地家屋調査士という言葉が聞きなれないことから、いったいどんなときに必要になるのか検討もつかない方が多くいることかと思います。土地家屋調査士は土地や建物のスペシャリストであるため。土地や建物に関することで何かお悩みやトラブルがありましたらご相談ください。

具体的には以下のようなケースに当てはまる場合にはご相談いただくことをオススメします。

土地や境界に関するトラブルを解決したい!

⇒土地・境界トラブルに関するページはこちら

土地・建物の節税・納税対策をしたい!

⇒納税・節税対策に関するページはこちら

土地や建物の測量や登記をしなくてはいけない!

⇒測量や登記に関するページはこちら

土地・建物の遺産物をしっかりと相続したい!

⇒遺産・相続に関するページはこちら